本ズワイガニ メスの漁期終了。本ズワイガニ オスの漁期はあと2か月

【本ズワイガニ メスの漁期終了。本ズワイガニ オスの漁期はあと2か月】

11/6(金)のズワイガニ漁の解禁日が過ぎ、
日本海側で本ズワイガニの水揚げが始まっています。

本ズワイガニと似たようなカニとしては、タラバガニ、ベニズワイガニがあります。
タラバガニは鱈が住んでいるところにいる事が多いから、鱈場蟹。(実はタラバガニはヤドカリの仲間だったりします)
ベニズワイガニは茹でていなくても赤いため、紅ズワイガニと言われています。

本ズワイガニのオスは水揚げ場所によって大きく分けて、3つにブランド化されています。

1. 福井:越前ガニ
2. 京都・兵庫・鳥取・島根:松葉ガニ。
3. 石川:加能ガニ
(ちなみに、松葉ガニはさらに水揚げされる港でもブランド分けされており、柴山ガニ、津居山ガニ、香住ガニなどがあります)

本ズワイガニのメスはセコガニ・親ガニ・香箱ガニなどと呼ばれ、
小さいですが、カニ味噌、外子・内子を堪能できます。
11月から約2か月しか漁期がなく、今シーズンの水揚げは残念ながら終わってしまいました。

本ズワイガニ オスの漁期もあと約2か月となりました。
本ズワイガニ オスのオススメの食べ方は、「焼き」「蒸し」などなんでもOKです。
冷凍品ではなく、水槽で生かしてある本ズワイガニを生きた状態で発送となりますので、鮮度が違います。

■■■今週の発送情報(2016/01/18~24)■■■

今週は以下のような魚介類を発送致しました。

・静岡県熱海市 網代漁業さん
  ・ヒラメ、ウスバハギ、マトウダイ、アカヤガラ、アカヤガラ、わかし(ブリの幼魚)
   (ウスバハギは肝醤油で刺身、ヒラメ、マトウダイ、アカヤガラ・わかしは刺身がオススメです)

・和歌山県和歌山市 金栄丸さん
  ・足赤えび(クマエビ)、、コウイカ、アカシタビラメ、マナガツオ、クロダイ、ホウボウ
   (足赤えびは刺身・塩焼き、マナガツオは刺身や焼き物、アカシタビラメは刺身や煮つけ、クロダイ・コウイカなどは刺身がオススメです)

・三重県志摩市 俊丸さん
  ・サザエ、ホラ貝、ヒオウギ貝
   (サザエ・ホラ貝は刺身、ヒオウギ貝は網焼きなどがオススメです)

・兵庫県明石市 海蓮丸さん
  ・白ミル貝、ニシ貝、手長ダコ、ハマチ、オコゼ、ナマコ、クロダイ、コウイカ
   (白ミル貝は刺身や焼き、ニシ貝は焼き、クロダイ、コウイカは刺身がオススメです)


無料会員登録

非公開情報満載!全国の水揚情報を毎日配信中!

非公開情報満載!全国の水揚情報をほぼ毎日メールマガジンで配信中!

週1回以上のご利用で、掛取引(月末締め、翌月末払い)が可能に!

2回目以降のご注文では住所などの情報入力が不要に!

初めてご利用の方は、こちらよりE-mailアドレスをお送りください。
会員登録後、即日ご注文が可能になります。
 ※5分で登録完了いたします。 

E-mail

会員登録がお済みの方

ログイン画面へ >

パスワード再設定画面へ >